2021年12月31日金曜日

2022年1月2日礼拝メッセージ「こうしてすべての者が神の救いを見る」



 2022年 あけましておめでとうございます。

新しい年が始まりました。主の守りと祝福が一人一人に豊かにありますようにお祈りしています。

   これからの1年、どのようなことがあるでしょうか。あまりにも大きくてとうてい持ち上げることもできないような薪の巨大な束であっても、神様は一度にすべてを運ぶようには求めておられません。主は心優しく憐れみ深いので、薪の束をほどき、まず一本を与えてくださいます。それを私たちは今日運びます。そしてまた一本を明日運び、そうやって毎日一本ずつ運んで行きます。その日に定められた重荷を運ぶだけです。運ぶようにと言われる前に明日の重荷をさらに加えることはしなくていいのです。

  マタイ6:34「 だから、あすのための心配は無用です。あすのことはあすが心配しま す。労苦はその日その日に、十分あります。」


 今年与えられている御言葉です。

励まし:「主の通られる道をまっすぐにせよ」(ルカ3:4)

主の約束:「こうしてすべての者が神の救いを見る」(ルカ3:6)


 イエス様ご自身がこの地上に来られる前に、神に会う備えとして、バプテスマのヨハネを通して人々を悔い改めに導きました。『 荒野に呼ばわる者の声がする。「主の道を整えよ。荒地で、私たちの神のために、大路を平らにせよ。すべての谷は埋め立てられ、すべての山や丘は低くなる。盛り上がった地は平地に、険しい地は平野となる。』と記されています。

 ここから2つのメッセージです。

1)主からの励ましです。

 私たちは主が通られる道を備えるというすばらしい働きに預かっています。

 「風(聖霊)は思いのままに吹く」(ヨハネによる福音書3章8節)のように、主は人格をもっておられるので、主の霊(風)は吹きやすいところで大いに働かれます。

 主の通られる道(=主の働き安いところ)は

 ①すべての谷が埋め尽くされるところ

 「神が私を愛しておられる」と信じる時、落ち込みがあっても人生の谷間から引き上げ てくださいます。

 ②「すべての山や丘は低くなる」

 高ぶり(傲慢)を捨てて、イエス様がへりくだって仕えられたように、

 職場で家庭で遣わされた場所で、へりくだって執り成し祈り続けることです。


マタイ10:27「  あなたがたの間でいちばんになりたい者はだれでも、仕える者となりなさい。人の子も仕えるために来たのだ」

ローマ8:39「 高さも、深さも、そのほかのどんな被造物も、私たちの主キリスト・イエスにある神の愛から、私たちを引き離すことはできません。  」


 主の愛を信じ、日々へりくだって仕え、主を喜ぶことの日々の積み重ねは、主の通られる道の備えとなっています。


2)主の約束「すべての人が神の救いを見る」が実現していくことに繋がっていきます。


  ①すべての人の神の救いを見る

 いろいろな困難な課題の渦中にいる人々がいます。家族の事、病気の事、将来の事等など。問題を抱えて困っている人に解決(救い)が与えられることは切実な願いです。

 聖書は、すべての人が「救い」を必要としていることを語っています。

まったく順調に人生を謳歌している人でさえ、救われる必要があるというのです。人間は生まれながらに罪を持っています。(これを『原罪』とよびます。)聖書のいう「罪」は、単に法律を犯すことを意味しません。たとえ法律では罪に定められなくても、人を憎んだり、ねたんだり、欺いたりする心を、聖書は「罪」と言っているのです。神様は聖なるお方で、どんな罪とも共存することができないのです。心から「罪」が赦されて拭い去られるとき、人は神様と共に生きることができ、そのとき初めて、人生の本当の喜びと平安を体験するのです。それが聖書のいう「救い」なのです。 


 神様は、人間を救うために人の姿となって地上に来られました。それがイエス・キリストです。一点の罪も持たない神であるイエスが、人間に代わって罰を受けることによって、人間の罪をとりのぞくことが可能となったのです。人はただ、イエス・キリストを神、救い主と信じ、告白することによって無償で救いを受けることができるようになったのです。

この「救い」は特定の人々だけでなく、「全ての人」のものです。

 「すべての人が神の救いを見る」(ルカ3:6)

 「主の御名を呼び求める者はみな救われる」(ヨエル3:5 使徒2:21)

「実にすべての人に救いをもたらす神の恵みが現れたのです」(テトス2:11)

 イエス・キリストを神、救い主と信じ、告白し、神様の御名を呼ぶことによって、誰でも救いを体験することができるのです。


②救いの完成:キリストの似姿に造り替えられ続ける

  コリント第二3:18「 私たちはみな、顔のおおいを取りのけられて、鏡のように主の栄光を反映させながら、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられて行きます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。」

 イエス・キリストを心に迎え、新しく生まれたとき、わたしたちはもはや自分の命によってではなく、キリストのいのちで生きることを実感します。自分を通して、キリストが今を生きてくださる!そのことを体験します。さまざまな試練を通ることがあっても、自然に、「このようなとき、イエス様ならどうされるだろうか?」と考えるようになります。

 そのような経験を積み重ねていくことによって、次第にキリストの品性を身に着けていくようになるのです。クリスチャンとはキリストに似た者という意味です。これがキリストの十字架の救いの究極の目的なのです。 

   聖書によれば、さらに神様と人類が、かつてエデンの園でもっていたような関係を取り戻し、 自然の調和を取り戻すことが、書かれています。 それは、まだ今は実現していませんが、やがて実現する「希望」です。 


  祝福をお祈りしています


 

2021年12月24日金曜日

12月26日礼拝メッセージ「一番大切な備え」

 


今年も残すところ、5日となりました。主に守られて1年間、毎週礼拝を献げ、御言葉に励まされて歩むことができました。感謝します。

新しい年を迎えるために各家庭では新しい気持ちで年を迎えるために大掃除をしたり、新年のための備えをするために大忙しかと思います。受験を控えている方々は今は最後の追い込みの時期。いろいろな想定外の事態に備えて幼稚園や保育園では毎月、避難訓練を行います。人生は備えることの連続だなぁと思います。


今年の最後の礼拝のみことばです。

聖書では「あなたの神に会う備えをせよ」(アモス)と語っています。

 イスラエルが罪を犯したので、神は何回となく疫病や戦争、飢饉を送り悔い改めに導こうとしました。しかし、なかなか悔い改めないので、神は預言者を通してメッセージを送りました。私たちはいつの日にか、神の前に出る時が来ると聖書は教えています。だから神に会う備えをするようにと教えています。

イエス様は2000年前に一度来られました。クリスマスです。その目的は「御自身をいけにえとして献げて罪を取り去るため」(ヘブル9:26)でした。キリストは「自分から十字架の上で、私たちの罪をその身に負われた。」(ペテロ第一2:24) ことによって、「私たちのそむきの罪が、東が西から遠く離れているように、私たちから遠く離される。」(詩篇103:12)ためでした。神が私たちの罪を取り除くとは、罪を赦すたけでなく、完全に忘れるということです。これは驚くべきことです。完全な忘却です。私たちはたとえ人の罪を赦したとしても忘れることはありません。それば自分が傷つけられたことであればあるほどです。しかし、神の赦しは、完全な忘却です。それゆえ、私たちは自分の犯した罪のゆえにさばかれることは全くないのです。完全な一回的な罪のいけにえとしてご自身をささげられました。それは私たちの罪を完全に赦し、神に永遠に受け入れられるためです。永遠のかかわりを保障するためです。このことはすでに二千年前の過去に、完了した出来事でした。

そしてイエス様は再び来られます。再臨です。

テサロニケ第一4: 16 「主は、号令と、御使いのかしらの声と、神のラッパの響きのうちに、ご自身天から下って来られます。それからキリストにある死者が、まず初めによみがえり、17 次に、生き残っている私たちが、たちまち彼らといっしょに雲の中に一挙に引き上げられ、空中で主と会うのです。このようにして、私たちは、いつまでも主とともにいることになります。18 こういうわけですから、このことばをもって互いに慰め合いなさい。」

今の時代は、イエス様の再臨が近いです。いつかわかりませんが、その日が来ます。イスラエル民族が、四百三十年間奴隷生活をしました。聖書には、このことについてイスラエルは「四百年間」奴隷となり、解放されると書かれていますが、結局は「四百三十年」後に解放されました。だから、イエス様が来られるのは三十年延びるか、百年延びるか、千年延びるのかわかりません。しかし確かに、イエス様が来られます。マタイの福音書二十四章四十四節に、『だから、あなたがたも用心していなさい。なぜなら、人の子は、思いがけない時に来るのですから。』と記されています。いつイエス様が再臨されるかわかりませんが、思いがけない時に来るので、あなたがたはいつでも神に会う準備をしなさいというのです。ルカの福音書二十一章三十六節に、『しかし、あなたがたは、やがて起ころうとしているこれらすべてのことからのがれ、人の子の前に立つことができるように、いつも油断せずに祈っていなさい。」』と記されています。今日、もしもイエス様が来られたとしても、もし召されることがあっても、神の前に喜んで立つ準備をしておかなければなりません。「神に会う備えをしなさい」ということについて、人は一度死ぬことと、死後、神の前でさばきを受けることは決まっていると聖書は教えています。このことを信じても、信じなくても、人は一度は死にます。死んだ後に、神の前に出てそれぞれの行いに対して、神のさばきがあると教えてます。イエス様を信じたら罪は十字架で赦されて、天国に入ることができます。また、信じていなかったら「滅び」と書かれていますので、私たちはイエス様にお会いする準備をしなければなりません。

『彼らといっしょにいるとき、イエスは彼らにこう命じられた。「エルサレムを離れないで、わたしから聞いた父の約束を待ちなさい。ヨハネは水でバプテスマを授けたが、もう間もなく、あなたがたは聖霊のバプテスマを受けるからです。」』

 トルストイの「愛のあるところに神がいる」で靴屋のマルチンは知らずして、イエス様にお会いし喜んでいました。

 新しい年を迎えようとしています。聖霊に導かれて、喜んで主を迎えることができますように。主を喜んでいきましよう。




2021年12月17日金曜日

12月18日 アドベント第4週 クリスマス礼拝

クリスマスおめでとうございます。

4本目のキャンドルに灯火しました。アドベント第4週を迎えました。

クリスマス特別礼拝のみことばです。
 「御使いは彼らに言った。『恐れることはありません。見なさい。私はこの民全体に与えられる。大きな喜びを告げ知らせます。今日きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ているみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。』」(ルカ2:10-12)


 ベツレヘムの野原で羊の夜番をしていた羊飼いたちに、突然、天の御使いが現れて

世界で初めて「あなたがたのための救い主がお生まれになりました」とクリスマスの喜びの知らせが届けられました。


1)神がご自身を低くしてこの世に来られた。  愛のしるし

この全世界とその中にあるすべてのものを創造された無限の神が私たちと全く同じ一人の小さな人間となってこの世に来てくださいました。

目に見えない無限の神が目に見える人間となるというのは、本当に本当に小さくなることです。

 聖書は、「キリストは、神の身分でありながら、神と等しい者であることに固執しようとは思わず、 かえって自分を無にして、僕の身分になり、人間と同じ者になられました。人間の姿で現れ、 へりくだって、死に至るまで、それも十字架の死に至るまで従順でした。」(ピリピ2:6~8)神がご自身を低くしてこの世に来られたと教えています。

 イエス様のの誕生は神の謙遜の現れです。ですからクリスマスの出来事にかかわる人々は、謙遜な人々と傲慢な人々がはっきりと対比させられています。キリストの誕生は、謙遜な人々のためであり、キリストを受け入れる人々も謙遜な人々です。

「自分を高くする人を神は低くし、自分を低くする人を神は高く上げられる」 (ルカ18:14)人となられた救い主イエスの親となるように選ばれたマリヤとヨセフも二人とも非常に謙遜な人々でした。 神の御子イエスは、汚い馬小屋でひそっりとお生まれになりました。、ベツレヘムの町の郊外で羊を見守っていた羊飼いたちは、もっとも身分の低い人々でしたユダヤ人の社会では彼らは軽蔑されていました。動物を相手にする仕事なので体がいつも汚れていました。しかし、彼らのところに最初に救い主の誕生の知らせが届けられたことは、救い主に関する聖書の預言に一致していました。

 イザヤ書の61章1節「神である主の霊がわたしの上にある。主はわたしに油を注ぎ、貧しい者に良い知らせを伝え、心の傷ついた者をいやすために、わたしを遣わされた。」

 主イエス様の働きは、自分を正しい人間だと思い込んでいたユダヤ教の指導たちや自己満足していた裕福な人々のためではなく、つねに、貧しい人々、病気に苦しむ人々、世の中で疎外されていた人々などを追い求めておられました。従って、救い主誕生のニュースが最初に羊飼いたちに届けられたことは、神にとってはふさわしいこと、当然のことだったのです。

 

2)布にくるまれて飼い葉桶に寝ているみどりご 救いのしるし

  当時のユダヤ人は、どんなに貧しくても、飼葉桶に生まれたばかりの赤ちゃんを寝かせることはありませんでした。非常に高い地位につくべきお方がこのような哀れな状況の中で生まれてくださったことは、本当に不思議であり驚きです。

  飼い葉桶に寝かせられたことのしるしは、そのことによってイエス様がどのようなお方であるのかを示していました。

  当時の家畜小屋は天然の洞窟を掘って作られたものです。これらの洞穴にはもう一つの使い道がありました。お墓です。当時ユダヤ人は遺体を布に包んで天然の洞穴の中に安置しました。イエス様が葬られたのもこのようなお墓でした。ですから、その入口に大きな石が置かれてあったのです。そして、ここでは赤ん坊のイエス様が布に包まれて天然の洞穴に寝かされていました。

 当時の人々の目には墓場に置かれた遺体を連想させるものでした。どうしてこれが喜ばしい知らせなのでしょうか。キリストは人々から喝采を受けるためではなく、人々の罪を背負い、十字架にかかって死ぬために来られたということを示していたからです。このことによって、いかなる罪人も赦されるという道が開かれたのです。

 第2コリント8章9節「主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富む者となるためです。」

   家畜小屋の飼葉桶の中で、牛や馬の糞のにおいの漂う中で、極限の貧しい状態で横たわっておられます。そして、神の子として人々を教え、人々の病気を癒し、いろいろな意味で囚われていた人々を自由にし、最後には、私たちの身代わりになって罪の罰を受けるために十字架で死刑囚として死んでくださった方、これが救い主として私たちに与えられたしるしでした。その目的は何だったのでしょうか。わたしたちがキリストの貧しさによって富む者となるためです。「私たちが富む者となる」という言葉は、裏を返せば、私たちはキリストに出会うまでは貧しい者だということを表しています。

  クリスマス、私たちのために十字架にかかり命を捧げて、罪の赦し、救いの道を開くために、イエス様は来られました。飼い葉桶は、私たちの心に中にイエスが住んでくださることを象徴しています。罪の故に傷ついて汚れていても、貧しい私たちの心に主を迎え入れ、本当のクリスマスの喜びを受け取りますように祝福をお祈りしています。


2021年12月11日土曜日

12月12日 アドベント第3週礼拝メッセージ「私たちのためのクリスマス」

 アドベント第3週の礼拝です。




  本日の聖書のみことばは、「ひとりのみどりごが私たちのために生まれる。」(イザヤ9:6)です。

イザヤは、イエス様が生まれる700年も前に来たるべき救い主のことを明確に預言しました。「闇の中を歩いていた民は偉大な光を見た」(イザヤ9:2)クリスマス、キリストの誕生は、すべての人のため、一生涯、死の恐怖の奴隷となっている人々を、十字架の死によって、死の力から解放するために、私たちのためにお生まれになりました。

 イザヤ書9章は、みどり子として現われて下さるキリストの名前(ご性質)を「不思議な助言者」「力ある神」「永遠の父」「平和の君」と呼んでいます。

 1)不思議な助言者

  文語訳では「霊妙なる議士」となっています。霊妙とは人間の知恵や力で計り知るこ とができないほど卓越していること。「議士」とは、物事の善悪を論じ弁護する人のこ とです。イエス・キリストは人知では及び知ることのできない方です。

   私たちが遭遇する諸課題、将来のこと、家庭生活、経済的なこと等など、助言が必要 なことがありますが、イエス様は不思議な助言者として、聖書の言葉と通して確実な助 言をしてくださいます。

  ヨハネ14: 16 14:26 しかし、助け主、すなわち父がわたしの名によってお遣わしにな る聖霊は、あなたがたにすべてのことを教え、また、わたしがあなたがたに話したすべ てのことを思い起こさせてくださいます。

   キリストは不思議な助言者です。一切の問題の根本的解決がここにあります。

2)力ある神

  イエス様は力ある神ご自身であり、また100%人として来られました。

ヨハネ14 ことばは人となって、私たちの間に住まわれた。私たちはこの方の栄光を見た。父のみもとから来られたひとり子としての栄光である。この方は恵みとまことに満ちておられた。

  力ある神御自身であるイエス様の内に生きたぶどうの木のように生きたぶどうの木のように力と栄養がみなぎり溢れています。このキリストに繋がることにより、平安と喜び、愛の実が結ばれていきます。


3)イエス様は、「永遠の父」と呼ばれます。

キリストは十字架の上で贖いの死を遂げ、三日目によみがえり、永遠のいのちを保証する者となられました。永遠から永遠まで人に対する神の愛を完全に現してくださるお方です。実際に人を父の愛で養ってくださいます。キリストこそ、世界唯一の永遠の父を現わして下さったお方で ラザロは死んで葬られ四日も経っていましたが、「ラザロよ出て来なさい」と呼びかけられ、その声を聞いて墓から出て来ました。そのようにキリストは、私どもをよみがえらせ、永遠のいのちの恵み満たして下さるのです。


4)キリストは平和の君です。

 キリストが与えて下さる平和は、この世の一時的なものとは違います。

イエス様と共にいれば、神との平和を保つことができます。一生を通しての平和、死に直面したときの平和、天国にある永遠の平和を持つ事ができます。

「わたしはあなた方にわたしの平安を与えます。わたしがあなた方に与えるのは、世が与えるのとは違います」(ヨハネ14:27)と言われました。

   クリスマス、神様が私たちにくださった最高の贈り物、救い主をお迎えして、本当の平 和が皆様の上に豊かにありますように!!


2021年12月3日金曜日

12月5日 アドベント第2週 礼拝「クリスマスの意味」

 

雲ひとつない冬晴れの朝(12月3日)、岩手山は傘雲を被っていました。岩手に来て33年、こんな見事な傘雲は初めてでした。岩手山が傘雲を被った日は天気が崩れると言われていますが、その通りになりました。


 アドベント第2週の礼拝、2本目のキャンドルが点火しました。

本日の聖書のことばです。「子たちはみな血と肉と(肉体)を持っているので、主(イエス・キリスト)もまた同じように、これらのものをお持ちになりました。これは、その死によって、悪魔という、死の力を持つ者を滅ぼし、一生涯死の恐怖につながれて奴隷となっていた人々を解放してくださるためでした。」   ヘブル人への手紙 2章14節~15節

クリスマス、神の子イエス様が、人としてこの地上に来られた目的について、ヘブル人の手紙では「一生涯、死の恐怖に繋がれて奴隷となっていた人々を解放してくださるため」と記しています。

クリスマスメッセージは「恐れる事はありません」から始まっています。マリヤに天使ガブリエルからの受胎告知(ルカ1:30)、ヨセフに夢の中で天使が告げたメッセージ(マタイ1:20)。羊飼いたちに天使が告げたメッセージ(ルカ2:10)。すべて「恐れることがありません」からクリスマスストーリーは展開しています。

 聖書には365箇所「恐れるな」という御言葉があります。1年365日、毎日「恐れることはない」と主はみことばをもって語りかけています。

 イエス様がお生まれになった時代、ユダヤの人々は恐れに支配されていました。ローマ帝国の圧政下、人権は踏みにじられ、重税を取りたてられ、ユダヤを治めていたヘロデ王様は、「ユダヤ人の王の誕生の知らせ」を聞いた時に、妬みと怒りから、イエス様や生まれた街、ベツレヘムの2歳以下の男の子を全員虐殺するという残虐極まりない極悪非道な独裁王でした。苦しい生活を余儀なくされてた人々、だからこそ、恐れから解放してくださる救い主「メシア、キリスト」を待ち望んでいました。

  時代を超えて、全人類共通に、恐れルーツは「死の恐怖」と繋がっています。しばしば、マンションや駐車場に「4」や「9」のつく番号が欠けているのを目にすることがあります。それは、「死」や「苦しみ」を連想させるもとして嫌っているからです。

ルカによる福音書8:43-48に記されている長血を煩っていた婦人も「病気が治らなければ死んでしまう。」という恐れに支配されていました。が、イエスの御衣の房(聖書の約束のみことば))に触れれば必ず治るという信仰で癒やされました。

なぜ人は死を恐れるのでしょうか。それは、良心に罪の意識があるため、本能的に死後に苦しみの場所があると知っているからなのです。

聖書では、「人間には、一度死ぬことと、死後にさばきを受けることが定まっている」(ヘブル人への手紙9章27節)と書かれてあります。天地をお造りになった真の神は、私たち人間の行いや心の中の隠された悪い思いも全て知っておられます。そして、必ず罪に対して刑罰をお下しになります。その刑罰とは、「悪魔とその使いたちのために用意された永遠の火に」(マタイの福音書25章41節)投げ込まれるという恐ろしい刑罰なのです。

ですから、死後のさばきから救われない限り、人は死の恐怖から解放されないのです。

神は、人を死の恐怖から解放するために、救い主をお与えくださいました。その方こそ、約2000年前に人としてお生まれになってくださった神の御子イエス・キリストです。キリストが、私たちと同じ肉体(受肉)をとられたのは、実に十字架にかかって死なれるためでありました。

キリストは、人類のすべての罪を背負い、十字架の上で私たちの身代わりに刑罰を受けてくださったのです。そして、キリストは葬られた後、死を打ち破ってよみがえられ、天に帰って行かれました。誰でも、イエスを救い主として心に迎え入れるならば、、罪の赦しと永遠のいのちが与えられます。

神の御国である天に入る者とされるのです。ですから、キリストを信じた者にとって、キリストが永遠の命となって、私たちの心に住んでくださり、死はもはや恐怖ではありません。むしろ、天の入り口に変えられているのです。

死の恐怖から完全に解放されます。

イエスを救い主、人生の主として心に迎え入れ、本当のクリスマスを体験されますように祝福をお祈りしています。

 



 

7月10日メッセージ【あなたがたは世界の光】

  【あなたがたは世界の光】    1)イエス様は世の光です。    イエス様は十字架の死と復活によって、あらゆる人々の人生の闇(生苦(生まれる苦しみ)老苦(老いる苦しみ)病苦(病の苦しみ) 死苦(死ぬ 苦しみ))を蹴散らす真実の光です。   *ヨハネ1:5   光はやみの中に輝...